運命の人と巡り合う

家族や友人の紹介で婚活

いざ婚活を始めるとなると、何から手をつけて良いか分からないという人は多いのではないでしょうか。

婚活という言葉を聞くと、結婚相談所、ネット婚活、婚活パーティーなどを想像しますが、いきなりお金をかけて始める必要はありません。

まずは家族や親戚、友人・知人などに婚活を始めたことを伝えて、良い人がいれば紹介してもらえる環境を作りましょう。

実は紹介での結婚が一番数が多いといわれています。 やはり知っている人からの紹介であれば安心ですし、お付き合いする中で不安や心配なことがあっても、紹介者にそれとなく相談することができるというのがその理由です。

結婚相談所に登録するのは抵抗がある…というような人も、知人からの紹介なら気軽に始められます。

職場の上司など、気付かない身近なところにお見合いのセッティングが得意な人がいるかもしれません。 まずは色々な人に声をかけて婚活を始めたことをアピールしてみましょう。

家族・友人の紹介のメリット

お見合いの中で一般的なのが、家族や親戚の紹介です。 両親からのお見合いと聞くと堅苦しいイメージを持つかもしれませんが、自分のことだけでなく、家の事情や家族のことなど、結婚するとなると伝えておかなければいけない情報が予め伝わっているというメリットがあります。

逆に、家族や親戚が選んでくれた相手なら、こちらも相手の家の情報をある程度事前に知ることができます。結婚後も家族ぐるみでお付き合いしやすいなど、たくさんのメリットが考えられます。

友人や知人の紹介であれば、会う前から相手に自分のことを深く知ってもらえている可能性が高いです。

また、初対面で緊張するような場面でも、友人がそばにいればリラックスして本来の自分を出せるというメリットがあります。

紹介された人なら、結婚前や結婚後に悩むようなことがあっても、相談に乗ってもらえたりアドバイスがもらえたりするのも良い点ですね。

最初のデートで焦りは禁物

婚活に失敗しやすい男性に多いのが、お互いのことをあまり知らないうちから本音を語り過ぎること。

女性は初対面から数回のデートまでは、自分をよく見せようとする傾向があるため、結婚後の生活について深い話をしようとはしません。

しかし男性はじっくり待って相手を決めるのが苦手という人が多く、早い段階で結婚相手に求める条件等を話してしまいます。

もちろん譲れない条件は早めに知っておいてもらった方が良いという考え方もありますが、人と人との出会いは条件だけでは決められません。

お互いのことを知るうちに、少しずつ条件が変わってくるということもありますし、本当に好きな相手ならできるだけ合わせようと考えるものです。

結婚を焦るあまり、最初のデートや、知り合って間もないころに結婚後の条件を話すのは禁物です。女性から、結婚に焦っているか、または相手のことを思いやれない器の小さな男性だと思われてしまいます。